サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる賃貸等の住まいです。

国土交通省・厚生労働省が所管する「高齢者住まい法」に基づく制度※です。

高齢者にふさわしいハード

●バリアフリー構造
●一定の面積、設備

安心できる見守りサービス

●ケアの専門家による安否確認サービス
●ケアの専門家による生活相談サービス

登録等について

1 登録は、都道府県・政令市・中核市が行い、事業者へ指導・監督を行います。
2 家賃やサービスなど住宅に関する情報が開示されることにより、自らの ニーズにあった住まいの選択が可能となります。
(サービス付き高齢者向け住宅では、安否確認・生活相談サービス以外の介護・医療・生活支援 サービスの提供・連携方法について様々なタイプがあります。)

規模・設備

●各専用部分の床面積は、原則 25㎡ 以上
(ただし、居間、食堂、台所そのほかの住宅の部分が高齢者が共同して利用するため十分な面積を有する場合は 18㎡ 以上)

●各専用部分に、台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えたものであること
(ただし、共用部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備または浴室を備えることに より、各戸に備える場合と同等以上の居住環境が確保される場合は、各戸に台所、収納設備 または浴室を備えずとも可)

●バリアフリー構造であること

サービス

安否確認サービスと生活相談サービスが必須のサービスです。ケアの専門家が少なくとも日中 建物に常駐し、これらのサービスを提供します。